積立投資における損切りのタイミングとは?価格が下がったときこそチャンス!?

積立投資は、投資信託を毎月少しずつ購入していく投資方法であり、投資信託を毎月積立しているようなところから、積立投信と呼ばれることもあります。

通常、投資信託の価値にあたる基準価額は、毎日上下変動することになりますが、たとえば、リーマンショックや東日本大震災などのように規模の大きな現象が起こってしまうことで、世界全体の経済に大きな影響を与え、時として、保有している投資信託の価額が大きく値下がりしてしまうこともあります。

このような場合に、保有している投資信託の基準価額がより値下がってしまうことによって損失を大きくしないようにするための対策(損切りと言います)が時には必要な場合もあります。

そこで本記事では、この損切りに焦点をあてて、対策方法や積立投資における損切りの活かし方について幅広く解説を進めていきます。

1. 損切りとは、どのようなことをいうのか

はじめに、損切りとは、どのようなことなのかについてSMBC日興証券のホームページを下に解説していきます。

損切りとは、投資家が損失を抱えている状態で保有している投資信託を売却して損失を確定させることをいいます。ロスカット、ストップロスとも呼ばれます。購入した投資信託の価格が下落して、その後の回復が見込めないと判断できるケースでは、損切りが有効と考えられます。

出典 SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集を下に一部改編引用

つまり、現在保有している投資信託を引き続きそのまま保有し続けた場合に、さらに投資信託の基準価額が下がることによって損失金額が膨らんでしまう可能性を防止する対策が「損切り」であることが分かります。

2. 損切りのベストタイミングっていつ?

前項の解説より、損切りについて理解していただくことができたと思いますが、そもそもいつ損切りをすればよいのか?損切りのベストタイミングっていつなのか?といった疑問を多くの皆さまがお持ちだと思います。

先の解説をもう一度、見直して損切りのベストタイミングについて考えていきましょう。

損切りとは、投資家が損失を抱えている状態で保有している投資信託を売却して損失を確定させることをいいます。ロスカット、ストップロスとも呼ばれます。購入した投資信託の価格が下落して、その後の回復が見込めないと判断できるケースでは、損切りが有効と考えられます。

出典 SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集を下に一部改編引用

損切りとは、いわば「最終手段」であり、できることなら損切りをしないことがベストであるものの、「その後の回復が見込めないと判断できるケース」が具体的かつ合理的にあるのであれば、その時が損切りをするベストなタイミングと言えるでしょう。

しかし、一般に損切りのベストなタイミングというのは分からないことが多く、むしろ、損切りをするタイミングというのは、自分がここまでなら損をしても良いという「許容範囲」を決めて、それよりも下回ったら損切りするのがベストタイミングと考えるのが多いパターンです。

3. 積立投資は価格が下がったときこそ儲けるチャンスである場合も!

積立投資には、毎月一定金額の投資信託を購入する方法と毎月一定数量の投資信託を購入するといった2つの方法があります。

この中でも、毎月一定金額の投資信託を購入する方法は、「ドルコスト平均法」とも呼ばれ、投資信託の基準価額が損切りをしたくなる程、下がっている時こそ実は儲けるチャンスであることを知っておく必要があります。

損切りに対する用語として「塩漬け」があります。こちらは、投資信託の基準価額が下落してもそのままにしておくことで、「カブ(蕪)を塩に漬けておく」にかけてそういわれます。また、「ナンピン(難平)買い」という買い方もあり、投資信託の基準価額が下落した水準であえて投資信託を買うことで、平均購入単価を引き下げる手法ですが、投資信託の基準価額が回復できる期待ができるなら塩漬けかナンピン買いをするのが基本となります。
出典 SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集より一部改編引用

積立投資におけるドルコスト平均法とは、上記解説の「ナンピン(難平)買い」のことを指しますが、少しずつ時間をかけて投資信託の基準価額が回復できた場合、結果として、塩漬けかナンピン買いをしたことが大きな運用益を得る結果に繋がることがあります。

イメージとしては「V字回復」のような値動きをすることによって、積立投資で大きく儲けられることに繋がり、具体的な解説につきましては、次項で進めていきます。

具体的に投資信託の価額が下がった場合の資産を計算してみた

投資信託の基準価額が、「V字回復」した一例として、具体的に投資した投資信託が、以下のA~Cの3つの値動きをした場合において、毎月10万円(年間120万円)ずつ投資したと仮定すると、どうなるのか?について見ていきます。

スタート時 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目
A 10000 20000 40000 60000 80000 100000 80000 75000 70000 60000 50000
B 10000 15000 20000 25000 30000 35000 37000 40000 42000 45000 50000
C 10000 9000 8000 6000 4000 3000 7000 10000 20000 35000 50000

★Aパターンの場合

投資額 1200000 2400000 3600000 4800000 6000000 7200000 8400000 9600000 10800000 12000000
年数 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目
基準価額 20000 40000 60000 80000 100000 80000 75000 70000 60000 50000
購入口数 60口 30口 20口 15口 12口 15口 16口 17口 20口 24口
総口数 60口 90口 110口 125口 137口 152口 168口 185口 205口 229口
総資産 1200000 3600000 6600000 10000000 13700000 12160000 12600000 12960000 12308571 11457143
収支 0 1200000 3000000 5200000 7700000 4960000 4200000 3360000 1508571 -542857

★Bパターンの場合

投資額 1200000 2400000 3600000 4800000 6000000 7200000 8400000 9600000 10800000 12000000
年数 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目
基準価額 15000 20000 25000 30000 35000 37000 40000 42000 45000 50000
購入口数 80口 60口 48口 40口 34口 32口 30口 29口 27口 24口
総口数 60口 120口 168口 208口 242口 275口 305口 333口 360口 384口
総資産 900000 2400000 4200000 6240000 8480000 10164571 12188726 13998162 16198031 19197812
収支 -300000 0 600000 1440000 2480000 2964571 3788726 4398162 5398031 7197812

★Cパターンの場合

投資額 1200000 2400000 3600000 4800000 6000000 7200000 8400000 9600000 10800000 12000000
年数 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目
基準価額 9000 8000 6000 4000 3000 7000 10000 20000 35000 50000
購入口数 133口 150口 200口 300口 400口 171口 120口 60口 34口 24口
総口数 60口 210口 410口 710口 1,110口 1,281口 1,401口 1,461口 1,496口 1,520口
総資産 540000 1680000 2460000 2840000 3330000 8970000 14014286 29228571 52350000 75985714
収支 -660000 -720000 -1140000 -1960000 -2670000 1770000 5614286 19628571 41550000 63985714

仮に、基準価額が下がっていくCパターンの場合、最も基準価値が低い3,000円のタイミングで、損切りをしてしまうと、267万円もの損をすることになります。

しかし、10年間投資をした結果、A~Cがどのような資産形成ができるか?というと、A:17,457,143円、B:26,197,812円、C:85,652,381円という結果になります。

パッと見た印象ではAのほうが資産を増やしていそうですが、Cが圧倒的に資産を増やしていることがわかります。

このように、積立投資におけるドルコスト平均法という投資信託の買い方では、購入した投資信託の基準価格が一度下がり、その後上がった方が結果として価値のある投資信託を安く購入できたことに繋がるため、結果として多くの資産を増やすことができるわけです。

4. リーマンショック後の値動きから「損切り」を考えてみる

では、実際にあった大暴落の1つであるリーマンショックが起こったときには、どうだったのか?考えてみましょう。

ここでは一例として、ニッセイ日経225インデックスファンドの値動きで確認してみようと思います。

以下、ニッセイ日経225インデックスファンドは2004年1月28日から2017年6月1日までで次のような値動きをしています。

リーマンショックが起きたのは2008年9月15日(上記グラフの最も低い場所)になりますが、この日を境に、一時は16,969円まで上がった基準価額は6,898円まで下がる結果となりました。

この結果を踏まえまして、まずリーマンショック前から積立投資をはじめて、リーマンショックを機に積立投資を止めた場合、どのような資産形成になったのかを計算してみます。

★例1:2007年9月3日から毎月1日に5万円ずつ積立投資をし、2009年3月2日に積立投資を止めた場合。基準価額の動きは次の通りです。

この場合、投資額は950,000円でしたが、止めた時点での資産は587,559円となってしまい、大損をすることになってしまいました。

次に、リーマンショック以後も積立投資を続けていた場合はどうなるのか?見ていきます。

★例2:2007年9月3日から毎月1日に5万円ずつ積立投資をし、2013年2月1日以降まで積立投資を続けた場合。基準価額の動きは次の通りです。

投資額は3,250,000円で、資産は3,578,831円となりプラスに戻っただけでなく、さらに、これ以降も、ずっとプラスになり続けているのです。

実はニッセイ日経225インデックスファンドは、リーマンショックの前から、ずっとマイナスだったことに加えて、リーマンショック近辺で大きなマイナスになっています。

しかし、それでも継続して積立投資を続けたことで、2013年12月以降から、2017年6月まではずっとプラスになっています。(仮に2017年6月まで投資を続けていた場合は、投資額5,950,000円に対して、資産は10,524,706円となり、プラス4,574,706円となっています)

このようなリーマンショックといった暴落後において、すぐにプラス収益になることは積立投資では難しいですが、長期的に積立投資を続けていれば、暴落時の基準価額が大きく低下している時に大量に購入できた投資信託を活かすことができ、結果として大きく資産を増やすことができる要因になります。(これはニッセイ日経225インデックスファンドだけでなく、他の多くのファンドでも同じようにプラス収益にすることができています)

5. 「塩漬け」や「ナンピン(難平)買い=ドルコスト平均法」で本当に損を回避できるのか?

一例として紹介した「ニッセイ日経225インデックスファンド」の場合は、リーマンショック後に少しずつ時間をかけて基準価額が回復したことによって、結果として「ナンピン(難平)買い=ドルコスト平均法」がプラスの効果をもたらすことになりました。

しかしながら、実際に販売されているすべてのファンド(投資信託)が、リーマンショック後の「ナンピン(難平)買い=ドルコスト平均法」でプラスの効果をもたらすとは限らないこともあらかじめ知っておかなくてはなりません。

つまり、「ニッセイ日経225インデックスファンド」の場合は、「損切り」ではなく「ナンピン(難平)買い=ドルコスト平均法」を選択したことによって、良い資産運用がなされたことになり、保有している投資信託の銘柄やリーマンショックといった大暴落後の選択した資産運用の方法によって運用結果が変わっていたことも併せて押さえておくべきポイントと言えるわけです。

6. まとめ ~積立投資では損切りをするべきではない!価格が下がったときこそチャンス!~

本記事では、「損切り」「塩漬け」「ナンピン(難平)買い=ドルコスト平均法」について解説をさせていただきましたが、積立投資では損切りをするべきではないといった考えは、正しい考えであることは「ほぼ確か」だと管理人は思います。

これは、投資信託の大きな特徴である「分散投資」があげられるためです。

たとえば、株式投資の場合も積立投資の場合も、毎日、株価や基準価額といった価値の上下変動がありますが、株式投資は1種類、投資信託は1種類に複数の金融商品が詰め合わさっているといった大きな違いがあることから、リーマンショックのような大暴落を受けたとしても投資信託の場合は「全く無価値」といった最悪の事態は避けられることになります。

さらに、投資信託には、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)に連動した投資をする「インデックスファンド」といったものがあります。

先に解説した、ニッセイ日経225インデックスファンドを例に解説しますと、「日経225」と呼ばれる、いわゆる日経平均株価に連動して資産運用されるニッセイ日経225インデックスファンドは、リーマンショックのような大暴落を受けて、一時的に大きな基準価額の値下がりを余儀なくされましたが、数年といった年月をかけて元の基準価額以上の結果となりました。

これは、日経平均株価が長い年月をかけて上昇したことによって、ニッセイ日経225インデックスファンドの基準価額も上がったためであり、購入した投資信託がどのような資産運用がされる特徴があるのかをしっかりと把握しておかなければ、紹介した事例のような資産形成を成すことはできません。

いずれにしましても、投資信託の強みを考慮しますと、積立投資では損切りをするのではなく、引き続き継続して投資信託を購入することが大事と言えるでしょう。

我慢して続けることで、最終的に大きな資産形成ができるチャンスが得られるわけでありますから、正に「ピンチがチャンスに変わる」とはこのことを指すのかもしれません。

大きなピンチは、滅多に来るものではありませんが、長期に渡ってしっかりと資産形成をしていくための1つの知識として損切りについてしっかりと押さえておきたいものです。

積立投資をスタートするならこの会社!

将来のために2,000万円以上の資産を作るなら積立投資が安全で確実!

そして、積積立投資を始めるためには口座開設が必要です。

管理人は次の3社のいずれかで口座開設することをオススメします!

楽天証券←管理人イチオシの会社!

新規の口座開設数が業界No.1!投資したお金でポイントも貯まる!

楽天証券は楽天グループのネット証券です。投資信託の取扱い件数は業界トップクラス。楽天スーパーポイントで投資信託を変えるだけでなく、投資額を楽天カードで支払うと積立額の1%のポイントが貯まります!自動引き落としの銀行口座数も多くて使いやすいですよ。2018年4月からは口座開設数が業界No.1となりました!投資初心者の方にイチオシの会社です!

白井マサヒロ

楽天証券で積立投資をするなら、楽天カードを使うと超お得!

楽天証券で投資額を楽天カードで支払うと、投資額の1%が楽天スーパーポイントとして貯まります!しかも、今なら楽天カードの新規入会で5,000ポイント(5,000円相当)をプレゼント!ポイントで投資信託も購入できるので、積立投資を始めたい方には超お得ですよ!
楽天カードのお申し込みはコチラから>>>

セゾン投信←注目度No.1の運用&販売会社

投資家の利益にこだわっている会社!投資家の約85%が利益を出している!

セゾン投信は投資家の利益を徹底的に考えている会社で、約85%もの投資家が利益を出しています。これは他の大手金融会社を圧倒する成績です。セゾン投信で選べる投資信託は2種類ですが、どちらも高成績!さらにセゾン・バンガード・グローバ ルバランスファンドは投信ブロガーが選んだファンドランキング2018にも選ばれています。「長期・積立・国際分散」という会社の理念に共感される方にはオススメの会社です!

SBI証券←実績豊富なネット証券

人気&信頼が抜群のネット証券!投資信託の取扱い件数もNo.1

SBI証券は口座開設数・NISA口座開設数No.1のネット証券です。投資信託の取扱い件数も業界No.1ですので、幅広い投資信託のなかから好きなものを選んで投資できます。また、投資タイミングを毎日・毎週・毎月・隔月・複数日のなかから自由に選ぶことができるので、自由に資産運用がしやすいです。ポイントサービスなど、特典面では楽天証券には劣りますが、実績が多く、信頼できる会社を選びたい方にオススメです。

WealthNavi←6つの質問に答えるだけで積立投資ができる!

大注目!預かり資産・運用者数が国内No.1のロボアドバイザー

WealthNavi(ウェルスナビ)は人気急上昇中のロボアドバイザーです。6つの簡単な質問に答えるだけので、あなたのリスク許容度(どれだけリスクを許容できるか?)を診断し、その診断結果に応じた分散バランスで積立投資をしてくれます。また、運用はすべてWealthNaviがやってくれるため、手間もかかりませんし、投資の専門的な知識がなくても資産形成をすることができます!「資産形成はしていきたいけど、何をどうやって始めれば良いかわからない(涙)」という方にはオススメのサービスです!もちろん、登録は無料です!