3,000円からの積立投資で資産形成ができるのかを検証してみた

2016年6月に「はじめての人のための3,000円投資生活」という本が発売されたことによって、3,000円からでも積立投資をはじめて資産形成できることを多くの人が知る1つのきっかけになりました。

本書で書かれているポイントを要約すると次の通りです。

  • 月々3,000円だけではお金が増えないと思ったら大間違い
  • ネット証券で口座開設をしよう(源泉徴収有りの特定口座でOK)
  • バランス型の投資信託を選べばOK

などといったことが書かれており、投資初心者にとってみますと積立投資のことをわかりやすく伝えておりますが、本記事では、はたして3,000円からの積立投資で資産形成が本当に可能であるのかどうかについて改めて検証し紹介していきたいと思います。

1. 積立投資3,000円からでも十分資産形成をすることはできるのか検証してみた

早速、積立投資3,000円からでも十分資産形成をすることはできるのか検証していきます。

ここでは、毎月3,000円ずつ積立投資に年金がもらえる65歳まで資産運用したものとし、それぞれの開始年齢から始めた時、はたしてどれくらいの資産形成ができるのかをシミュレーションしていきます。

月々3,000円ずつ積立投資をした場合

開始年齢 投資額 利回り
1% 3% 5%
20歳 1,620,000円 2,044,866円 3,421,119円 6,079,312円
25歳 1,440,000円 1,769,674円 2,778,179円 4,578,060円
30歳 1,260,000円 1,507,899円 2,224,691円 3,408,277円
35歳 1,080,000円 1,258,885円 1,748,211円 2,496,776円
40歳 900,000円 1,022,010円 1,338,023円 1,786,529円
45歳 720,000円 796,684円 984,906円 1,233,101円
50歳 540,000円 582,342円 680,918円 801,867円
55歳 360,000円 378,450円 419,224円 465,847円

たとえば、30歳から65歳まで35年間、3,000円ずつ積立投資を行ったとしますと、投資額の合計は126万円(3,000円×12ヶ月×35年)となり、仮に5%の利回りで運用したとしますと35年後の概算金額は3,408,277円となり、運用益は2,148,277円になるといったイメージとなります。

月々3,000円であれば、決して無理をすることなく積立投資を始められる金額であるほか、約214万円も概算で増えるのであれば、積立投資を始めてみる価値は十分あると考えられます。

月々3,000円ずつ積立預金をした場合

次に、運用方法を積立投資から積立預金に変えて同じようにシミュレーションしていきます。

開始年齢 貯金額 貯蓄結果 利息
20歳 1,620,000円 1,623,644円 3,644円
25歳 1,440,000円 1,442,878円 2,878円
30歳 1,260,000円 1,262,202円 2,202円
35歳 1,080,000円 1,081,617円 1,617円
40歳 900,000円 901,122円 1,122円
45歳 720,000円 720,717円 717円
50歳 540,000円 540,403円 403円
55歳 360,000円 360,179円 179円

30歳から65歳まで積立預金をしたとしますと、35年後の最終金額は1,262,202円となり、運用益(受取利息)は2,202円であることが確認できます。

一般に、預金に対する受取利息には、平成29年9月現在で20.315%の税金が徴収されることになりますので、実際に受け取ることのできる金額は、目に見えている表面上の金額よりも少なくなります。

同じ3,000円であったとしても、1ヶ月あたりどのように資産運用するのかによって、最終的に資産形成される金額は大きく異なっていることがご理解できたと思います。

月々3,000円では老後に必要なお金は貯められないのが現実

これまで2つの資産運用で「老後資金を目的」としたシミュレーションをしてきましたが、残念ながら、いずれの場合も月々3,000円では十分な老後資金を貯められないことが確認できたと思います。

実際のところ、本の内容におきましても「半年ごとに1,000円アップ」し、30年続けることが大事と書かれており、月々3,000円では充分な資産形成ができないことを本書でも紹介されています。

おそらく、著者は、あくまでも3,000円から試しで積立投資をスタートして欲しいということを一番に伝えたかったのだろうと思う一方で、はたして半年ごとに1000円アップすることが現実的かつ効果的であるかどうかといったら少々疑問が残るところです。

半年ごとに1000円ずつアップすることができる家計状況であれば、積立投資の開始当初から投資できる許容範囲で積立運用する方が効率的かつ手間が省けると考えることもできそうです。

投資手法は、人それぞれであり自己責任であることを踏まえますと、様々な意見や手法を参考にして自分なりにベストな方法を見つけることにつきます。

一般に、積立投資をすれば、積立預金をするよりもはるかに多くの資産形成をすることができるとされています。

一方で、老後に豊かな生活をするために必要なお金は3,000万円と言われている今の時代を考えた時、仮に20歳から65歳までの45年間、3,000円ずつ積立投資をしたとしても、不足することが確認できます。

そのため、積立投資で豊かな老後の生活資金を用意するといった目的があるとするならば、その目的を達成するためには、月々いくらずつ積立投資にお金を回していかなければならないのか把握するところから始めていかなければなりません。

2. 参考 老後資金を資産形成するためにはいくら積立する必要があるのか?

ここでは、参考までに、豊かな老後生活資金を資産形成するためには、月々いくら積立する必要があるのか?といったことについて紹介していきます。

はじめに、利回り3%で3,000万円貯めるときの月々の概算投資額について一覧表で紹介します。

65歳まで利回り3%で3,000万円貯めるときの月々の概算積立投資金額

開始年齢 月々の投資額
20歳 26,307円
25歳 32,395円
30歳 40,455円
35歳 51,481円
40歳 67,263円
45歳 91,379円
50歳 132,174円
55歳 214,682円

楽天証券 積立かんたんシミュレーションより管理人試算

たとえば、28歳から積立投資をはじめる場合、本書の内容を参考にしますと、最初は3,000円でも良いのですが、少しずつ積立投資に回す投資金額をアップしていき、30歳になるまでには40,000円もしくは35歳になるまでに51,000円まで投資額をアップさせる必要があることがわかります。

しかしながら、この方法は、家計状況を踏まえた時に「非現実的」な方法であり、おそらく多くの方が実践するのが極めて難しいと予測します。

そのため、「豊かな老後生活」に固執するのではなく、「お金に困らない普段の老後生活」をするために、将来の年金だけでは不十分だと思われるため、積立投資で無理せず資産形成しようと考える方が、現実味があるのではないでしょうか?

3. 積立投資は余剰資金で行うことが鉄則!

将来を考えた資産形成は、これからの時代を生き抜いていく中で、本当に大切になってくることは確かであり、自己責任および自助努力で資産運用した人としなかった人に差が付くことは言うまでもなく明らかです。

このように考えた時、先に解説した投資目標にあわせた投資金額を知るのと同時に、長期的に積立投資を続けられる金額であるか?ということをあらかじめ確認しておくことも大切になります。

仮に、積立投資に回すお金が厳しいのであれば、積立投資による資産運用を行わないことが鉄則であるのと同時に、積立投資を含む投資全般は、あくまでも余剰資金で行うべきものになります。

また、月々3,000円や5,000円といった余剰資金を捻出できないということであれば、そもそも家計の見直しや余剰資金がしっかりと生じるような家計対策を優先して行わなければなりません。

4. 積立投資は、積立預金のような利用の仕方ができることを知ろう

積立投資も積立預金も、毎月お金を積み立てることに変わりはなく、あくまでも「投資」で資産運用するのか、「預金」で資産運用するのかといった違いだけになります。

一般に、投資と聞くと「損をする」「よく分からない」といったマイナスのイメージが先行してしまい、投資で資産運用をするといった一歩を踏み出せない方が多い印象を受けます。

しかし、積立投資の場合は、毎月投資信託を購入する投資手法であり、積立預金のように毎月口座へ自動的に入金されるのと何ら違いはありません。

あくまでも、3,000円のお金が、「投資信託」に変化するか「預金」に変化するかの違いであり、どちらも現金に変えられる「換金性」に優れている特徴があります。

積立投資で購入した投資信託を現金に換えたい場合は、保有している投資信託を「売り」に出すことで、通常は「4日後」に売却した代金が入金される仕組みとなっています。

積立預金は、金融機関に対して解約の申し出をすることで直ちに現金へ換金することができますが、一般にまとまった大きなお金が必要になる時は、あらかじめそのことを事前に把握していることが多いと考えられ、投資信託の売却から4日目の入金が大きな影響を与えるとはあまり考えにくいと思われます。

このように考えた時、積立投資で運用した投資信託を売却して早い期間で換金できるということは、換金性に優れ、かつ、大きな資産形成もできるといった一石二鳥の効果があると考えることもできるでしょう。

このような魅力のある積立投資も1つ重要な注意点があり、それは、「換金をすることで損失を被ることがある」ということです。

たとえば、毎月3,000円ずつ積立投資を続けていくことで現在100口(投資信託の単位は口で表します)を保有していたとします。

仮に、保有している投資信託の現在の価値にあたる「基準価額」が1口あたり2,900円であった時に50口の換金手続きを行った場合、「5000円の損失」になってしまいます。

参考(信託報酬や信託財産留保額などの手数料は加味しません)

保有している投資信託の総額 3,000円×100口=300,000円
保有している投資信託50口の総額 3,000円×50口=150,000円
売却した際の入金金額 2,900円×50口=145,000円
売却損益 145,000円-150,000円=▲5,000円

同じような考え方でいきますと、保有している投資信託の現在の価値にあたる「基準価額」が1口あたり3,100円であった時に50口の換金手続きを行った場合、「5000円の利益」になることが分かります。

このように積立投資で購入した投資信託は、換金性に優れているものの、通常、売却損益が生じることになるため、投資信託の売却段階で基準価額が購入した金額よりも低くなっている場合に損失を被る可能性があることを知っておく必要があります。

5. 積立投資で購入した投資信託を換金する時は「タイミング」が決め手

積立投資で購入した投資信託を換金する時に売却損益が生じるということは、当然のことながら売却益(儲け)が生じるタイミングで保有している投資信託を売却することが求められます。

しかし、まとまったお金を用意するために投資信託を売却しなければならない状況下で、かつ、今、投資信託を売却することで確実に損失を被ってしまうといったことも時にはあるでしょう。

このような最悪の事態を回避する上でも「バランスの良い資産運用」を心掛けることが重要になります。

ここで言う、「バランスの良い資産運用」とは、積立投資と積立預金をどちらも行うといったイメージです。

要は、投資と預金の良いところを活かしながら資産運用を行うことで、どうしてもまとまったお金が必要な時は、預金を取り崩すことで投資にかかる損失を回避するわけです。

投資と預金は、いわば攻めと守りにあたりますから、いずれもバランスよく行うことは、安定した資産形成が少なからずできるきっかけになると考えることができるでしょう。

6. まとめ ~3,000円からの積立投資で資産形成ができるのかを検証してみた~

本記事では、「はじめての人のための3,000円投資生活」という本の内容を参考にしつつ3,000円から始められる積立投資と資産形成について考えてみました。

本のタイトルにありますように、投資初心者に対して3,000円から投資生活を始めることでしっかりとした資産形成をしていきましょうというコンセプトは、決して間違っていることではなく、むしろ正しい考え方であることは確かです。

ただし、月々3,000円や5000円といった少額のお金を積立投資に回したとしても、資産形成できるお金にはどうしても限界があるわけでありますから、時には、投資目的や投資目標の金額を満たせないことがあるのもあらかじめ知っておく必要があります。

積立投資を3,000円ずつ行うのであれば、豊かな老後の資産形成をするのは難しいですが、住宅購入の頭金の一部、子どもの教育資金の一部、その他の補填資金などのような使い道ができるため、積立投資を3,000円という少額からでも始めてみること自体にマイナスはないと思われます。

本記事のまとめとは関係がありませんが、「はじめての人のための3,000円投資生活」という書籍は、その内容の評価が大きく分かれていることが確認でき、主に投資初心者の方々には肯定的、投資をすでに行われている方々には否定的な意見が多い特徴が見られました。

そのため、ご自身が投資に対してどのような立場であるのかを確認しつつ、まずは、多くの方々の意見を参考に「はじめての人のための3,000円投資生活」を読むのか、読まないのかについて自己判断されてみることをおすすめ致します。

積立投資をスタートするならこの会社!

将来のために2,000万円以上の資産を作るなら積立投資が安全で確実!

そして、積積立投資を始めるためには口座開設が必要です。

管理人は次の3社のいずれかで口座開設することをオススメします!

楽天証券←管理人イチオシの会社!

新規の口座開設数が業界No.1!投資したお金でポイントも貯まる!

楽天証券は楽天グループのネット証券です。投資信託の取扱い件数は業界トップクラス。楽天スーパーポイントで投資信託を変えるだけでなく、投資額を楽天カードで支払うと積立額の1%のポイントが貯まります!自動引き落としの銀行口座数も多くて使いやすいですよ。2018年4月からは口座開設数が業界No.1となりました!投資初心者の方にイチオシの会社です!

白井マサヒロ

楽天証券で積立投資をするなら、楽天カードを使うと超お得!

楽天証券で投資額を楽天カードで支払うと、投資額の1%が楽天スーパーポイントとして貯まります!しかも、今なら楽天カードの新規入会で5,000ポイント(5,000円相当)をプレゼント!ポイントで投資信託も購入できるので、積立投資を始めたい方には超お得ですよ!
楽天カードのお申し込みはコチラから>>>

セゾン投信←注目度No.1の運用&販売会社

投資家の利益にこだわっている会社!投資家の約85%が利益を出している!

セゾン投信は投資家の利益を徹底的に考えている会社で、約85%もの投資家が利益を出しています。これは他の大手金融会社を圧倒する成績です。セゾン投信で選べる投資信託は2種類ですが、どちらも高成績!さらにセゾン・バンガード・グローバ ルバランスファンドは投信ブロガーが選んだファンドランキング2018にも選ばれています。「長期・積立・国際分散」という会社の理念に共感される方にはオススメの会社です!

SBI証券←実績豊富なネット証券

人気&信頼が抜群のネット証券!投資信託の取扱い件数もNo.1

SBI証券は口座開設数・NISA口座開設数No.1のネット証券です。投資信託の取扱い件数も業界No.1ですので、幅広い投資信託のなかから好きなものを選んで投資できます。また、投資タイミングを毎日・毎週・毎月・隔月・複数日のなかから自由に選ぶことができるので、自由に資産運用がしやすいです。ポイントサービスなど、特典面では楽天証券には劣りますが、実績が多く、信頼できる会社を選びたい方にオススメです。

WealthNavi←6つの質問に答えるだけで積立投資ができる!

大注目!預かり資産・運用者数が国内No.1のロボアドバイザー

WealthNavi(ウェルスナビ)は人気急上昇中のロボアドバイザーです。6つの簡単な質問に答えるだけので、あなたのリスク許容度(どれだけリスクを許容できるか?)を診断し、その診断結果に応じた分散バランスで積立投資をしてくれます。また、運用はすべてWealthNaviがやってくれるため、手間もかかりませんし、投資の専門的な知識がなくても資産形成をすることができます!「資産形成はしていきたいけど、何をどうやって始めれば良いかわからない(涙)」という方にはオススメのサービスです!もちろん、登録は無料です!